事業承継と人事労務管理

給与計算、勤怠管理、人事制度、退職金制度等の人事労務管理には、経営者の独自性が反映されます。従業員の働き方が会社の未来を映すことを考えると、どのような人事労務管理を行うかは、事業承継において新経営者が検討すべき重要な課題となります。

社会保険労務士法人つむぎ

(1)事業を承継する経営者の役割

中小企業では、経営者のトップダウンで意思決定をおこなうケースが多いため、新たに経営を引き継がれる経営者の方には、自社の人事労務管理について、引き継ぐべきものと、変えるべきものを見極めを行って頂くところから始まります。

(2)人事労務管理は経営者のカラーを反映

人事労務管理のなかでも、日々の業務運用(給与計算、社会保険、勤怠管理、社内申請、採用等)は、間違いや不効率が従業員の負担・不信につながり、経営を阻害する要因になります。
業務運用を確実かつ効率的に進めるために、経営の目線で会社全体にとっての最適化を目指し、システムや運用について見直しを継続できることが求められます。

また、就業規則や社内規程は、従業員に対する経営者の姿勢が写されます。新たに経営を引き継がれる際には、その内容がこれから目指していく「働き方」を映しているか?を確認いただき、必要があれば目指す働き方を従業員に伝えられるよう、見直しを行っていく必要があります。

(3)社外の専門家を活用

これらの検討や見直しを社内から起こすことが難しい場合は、社外の専門家を経営者のアドバイザーとして、また、実務担当者をフォローする専門家として自社の人事労務管理に深く関与させることで、事業承継時の人事労務管理の見直しを確実に進めて行くことが期待できます。
人事労務管理は重要な経営管理の機能です。中小企業だからこそ、より従業員が力を発揮できる環境を用意することは不可欠です。
社内から業務運用に変化を起こし対応していく事が難しい場合は、経営者が目指す人事労務管理の視点を理解しながら業務を運用できる専門家に業務運用を委託するなどして、見直しを進める事も検討できます。

●事業承継時の人事労務管理体制

社会保険労務士法人つむぎ

人事労務管理の領域は幅が広く、専門性が問われる箇所もあるため、事業を承継した経営者が見直しに着手することが難しいケースがあります。また、社歴の長い従業員がいる場合は、人事労務管理の見直しを進めるうえで障害となるケースもあります。
このため、経営者と担当者を支える役割として外部専門家を活用する体制を構築し、事業承継時の課題を解決していく事を提案致します。

事業承継により人事労務の見直しをご検討の際は、私どもにお声がけ下さい。

経営者のアドバイザーとして、実務をサポートする専門家として、お客様にあわせたサービス提供を目指す私どもが、事業承継時の課題解決に向けた提案からサービス提供までに対応させて頂きます。

社会保険労務士法人 つむぎ